加齢と共に減る美容成分とは?効率よく摂取するには?

加齢と共に減る美容成分とは?効率よく摂取するには?

若い頃より高い化粧品を使っていても、あまり効果が感じられないということはよくあります。
肌の状態が良くないせいなのか、と悩んでしまいますね。

 

実は加齢と共に減る美容成分というのは、肌の内部の成分です。肌にはバリア機能がありますので、良いものも悪いものも肌がブロックしてしまいます。つまりナノ化した美容成分のようなものではないと思っている程浸透はしません。浸透せずに肌表面を潤しているだけなので、塗っている時は良くても洗顔をすると塗り直さないことには効果は持続しません。

 

化粧品にももちろん意味はあります。特にヒアルロン酸は肌表面で潤いますので、日中の肌を乾燥から守ることもできます。持続して肌の状態を良くするためには、エステで行っているようなイオン導入が必要です。

 

イオン導入ではお肌の状態に合わせて必要な美容成分を浸透させることができます。微弱電流を使うことで一時的にバリア機能を弱めて、本来は肌のバリアで浸透しなかったはずの美容成分を肌奥に浸透させます。1回で効果を感じられますし、同時に色々な美容成分を使うこともできます。ただしコラーゲンやヒアルロン酸は分子サイズが大きいため、イオン導入には向いていません。さらにデメリットとしては、1回あたりの値段が高額という点です。ですがいつもの化粧品だけでは満足できないお肌には試してみたいエステですね。

 

肌の状態を改善するためには外側から働きかけるだけでは不十分です。自分のお肌を作るのはいつも口にしている食べ物ですので、食生活を見直してみることも大切です。食生活の乱れは肌に出やすいものです。ただコラーゲンなどは食品から摂ろうと思っても、脂肪分も多く栄養バランスも気になってしまいます。たまにコラーゲンの食品を食べるだけでは肌の潤いも感じられませんので、効率よく美容成分を摂取するためにはサプリメントが一番です。

 

 

肌のターンオーバーは若い人で約28日ですが年齢と共に長くなっていますので、飲み始めて肌が変わったと感じるまでには1,2ヶ月は見ておく必要があります。実際に飲んでみて、あまり効果がないと感じるなら2ヶ月を目処に違うサプリに変えてみると良いですね。